2004年06月18日

タワレコる

今日は授業の合間に暇な時間がカナーリ長く開く木曜日ということで、渋谷はタワーレコードにてCDを試聴&漁りまくってきました。




2時間くらいは合計試聴してたんじゃないかな、うん(゚-゚)






嫌 な 客 だ




半ば趣味がCD漁りなKaitoであるため、1月ごとにこんな感じでガっと買ってはその一月を聞き倒して過ごすという妙なライフサイクル。

で、結局本日買うに至ったCDは4枚。少なくとも万人が知ってるモノが全く無いのがKaitoの趣向を如実に表していると言えます(゚∀゚)





まず1枚目はELLEGARDEN(エルレガーデンと読むデス)の新譜、「Pepperoni Quattro」。

渋谷を拠点とするバンドで、デビュー当初とはちょっと作風が変わってきた感じがしなくもないケド、初期の曲は軽く聞いたコトしかないので断言はできないというかなんというかアレです(謎

ジャンルはエモコアかな?多分。自信ナシ('A`

要はノリがいい曲ってコトデス(゚∀゚)みんなも聞くベシ!


あぁ、岐阜には売ってないんでしたね(´・ω・)カワイソウニ







続いて2枚目。locofrank(ロコフランク)の1stフルアルバム、「ripple」。

前身のバンド名(といってもメンバーはそのまま)は相撲茶屋というなんともインパクトのあるお名前。Kaitoは前作にあたるミニアルバムの「Starting AGE」でこのバンドを知りました。

陳腐な言い回しですが、疾走感溢れるサウンドとVoの木下正行サン(まーくんて呼ばれてるラシイ)の声がマッチして、ロコフランク独自の世界を作り上げています。必聴の一枚かと(゚∀゚)

さらに今年のサマソニにも出るご様子なので、これは行くしかネェ!と心に誓うKaitoでありました(・∀・)







そして3枚目。SA(エス・エー)の「MATCHLESS ATTACK」。

多分上の二つに比べるとマイナーかも・・・w
地味にメンバーみんないい歳してマス。オサーン(゚∀゚)しかし、それでいて曲は正統派パンクロック。これでもか!ってくらいパンクロック。どれくらいかというと、電車の中で聴くのが躊躇われるくらいに(苦笑

きっとハイパージョイにも未来永劫入るコトはナイだろうケド、Kaitoは自宅で歌い続けます(゚∀゚)パンクサイコー


近所迷惑とか言うな






ラストの4枚目は本日唯一の洋楽。Velvet Revolverの「Contraband」。

なんというか、ストテンが歌うガンズ。としか言いようがないような・・・w

ガンズ好きというか、信者のKaitoとしては確定でゲットな一枚でした。Voのスコット氏の薬物問題がアレとかで(苦笑)色々とホントに発売するのかとか怪しかった時期もありましたガ、無事に出てヨカッタ、うん(゚-゚)

往年のガンズ好きには勿論、ロックが好きなヒトには誰にでもオススメ。是非(・∀・)







ということで今日買ったモノをつらつら並べてみました。
今月はこの4枚でハァハァしようと思います(゚∀゚)(何






・・・で、少し話題は変わるのですが。音楽好きのKaitoとしては我慢ならない件があるので、その件についてひとつ。


その件とは、CCCDのコトです。
正直、普段から音楽が身近にないヒトには、あんまり気にしていない問題なんじゃないかなーとは思いますが。そして、この話題に興味のあるヒトについては今更感バリバリでしょうが。

関連サイトをいくつか挙げてみましょう。

ほぼ日刊イトイ新聞−留守番番長−CCCDを知っていますか?

Kenta's
Nothing But Pop! のCCCD言及記事
(著名な音楽ライター、萩原健太氏のサイト

「凧おるぐ」コピーコントロール」と称する謎の円盤と私の Discman


他にも色々ありますが、このあたりを読めば大体はご理解いただけると。

で、簡単に要約するとこのような点が問題なのです。


〜〜〜〜〜〜


1.音質の低下

2.CCCDはその仕組上再生の際にプレイヤーに大きな負担をかけるので、再生できない/故障の原因になる
CCCDはCDの規格(RedBook)を満たしていない、規格外の品。
規格外のものは規格に準拠したCD再生機器での動作は保証されていない。(以上の理由でCCCDのケースには「CompactDisc」の表記は無い)

3.聴けない場合でもCCCDの交換・返品は不可

4.パソコン(PC)でCCCDを再生する際に問題が発生する

WindowsPCの場合:CCCDは自動的に(=勝手に)CCCD音源再生用ソフトをインストールしてしまう
(インストールの際、システムファイル(レジストリ)も書き換えられてしまう)
通常のソフトはインストールの際に許諾を求めてくるのが普通なんですが……

MacPCの場合:CCCDの再生対象から外されている。再生が保証されていない。

さらに、CCCDの音源はmp3音源に変換することができないので、iPod等のmp3プレイヤーで曲を聴くことができない。




*コピーコントロールCD(CCCD)問題についてより抜粋



〜〜〜〜〜〜


つまり、生産側が品質について全く保障を行わないと明記しているのです。何ら保障をしないモノを「商品」として売っていると。

バカげているとは思いませんか?フライングディスクじゃあるまいし、再生して聴く以外に利用価値の無いモノに1k〜3kまで出して、消費者は購入をするわけです。作り手の曲を聴きたいがために。
それでいて、CCCDの時点で音質はすでに悪く


・CCCDを買う>手持ちのプレーヤーで再生しようとする>再生できない>諦めてください^^;

・CCCDを買う>手持ち(略)>プレーヤーが壊れた>諦めt(ry


トカなりうるわけですよ。ましてやCCCDはCDという扱いすら規格的に受けられないので、本来ならCCD(コピーコントロールディスク)と表現すべきモノなワケです。CDですらないんだぞ、と。

そんな生産者と消費者の信頼関係を根底から覆すような仕様が何故成り立ち、かつ同業の生産者がこぞって採用をしていったのか。
CD−Rによるコピー等による売上の低迷など、オトナの事情というのもあるでしょうが、そんなコトを言っている場合では無いワケで。ビジネスは、信頼から成り立つわけで。
お前等経営学を学んでいないのかと小一時間(略)

*Kaitoは腐っても一年次に経営学の単位を落としていても経営学部生です(・∀・)






そんなこんなで、音楽が配信されダウンロードできる世になり、MP3プレイヤーが主流になっていくのでは?と囁かれる昨今。それを加速させているの一端を担っているのがCCCD問題だったりするんだ、とか。色々今の音楽事情に言いたいコトはあるのですが。
個人的には店頭でじっくり眺めたり試聴したりして、お気に入りのCDを探し回る至福のヒトトキが、今に送れなくなってしまうのかなーというのが気掛かりであり残念であり、時代の流れを感じる出来事であると思った初夏の夜でした。まる。



・・・我ながら纏まりのない文章だこと('A`
posted by Kaito at 02:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
SAってマイナーなのっッフゥゥゥ?
私はそれよか前に出てきたバンドを全く知りませんでした(;´Д`)知識が偏ってる。

コピーコントロールは困りましたね。
怖くて買えないです。
このエゴイストが!って感じです。
Posted by しえ at 2004年06月21日 00:08
お互い偏った知識のようですネ('A`

SAは復活してからの曲しか知らないのデス。昔から聞いてるヒトにはものっそいメジャーなのカナ?

ロコとエルレは友達に薦められてだったのである程度知名度あんのかなーと勝手に解釈してましタ。が、よく考えれば彼も偏ったヒトだったような・・・とかいうオチ(゚∀゚)

どちらも今なら渋谷タワレコで試聴できるんじゃないカナ。機会があれば聞いてみてくださいナ(・∀・)
Posted by Kaito at 2004年06月22日 00:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。